イチオシ加圧トレーニングへ
加圧トレーニングの指導加圧トレーニングQ&A当サイトについてサイトマップご意見・ご感想
乳酸

乳酸は、体脂肪を分解してくれ、成長ホルモンの分泌を促してくれる特徴があります。
ということは、乳酸が増えると、ダイエット効果にもなるというわけ!
加圧トレーニングで成長ホルモンと乳酸を作り出し、太らない体質になりましょう。

特許
「加圧トレーニング」は、発明者である佐藤義昭氏(サトウスポーツプラザ代表)が、35年以上の年月をかけ構築してきたものです。負荷の軽い運動で大きなトレーニング効果が得られるという世界初の画期的なトレーニング方法が生み出されました。
「加圧トレーニング」は、日・米・英・独・伊・仏、世界6ヶ国で特許登録されてます。

リハビリにも最適

加圧トレーニングはもともと筋力トレーニングを効率よく行うために開発されたものですが、その効果の多さからダイエットや美肌効果、体調管理に利用している方が大勢いらっしゃいます。その中でも、軽い負荷で適度な運動ができるという点に着目した医療機関は、進んで患者さんのリハビリに加圧トレーニングを取り入れています。このページでは加圧トレーニングを使ったリハビリについてご紹介します。

医療機関でも取り入られているリハビリ加圧トレーニング

加圧トレーニングが医療機関でリハビリに使われていることをご存じでしょうか。病院では何かしらの病気や事故による機能障害など、満足に体を動かせない方が集まりますが、そういった方は往々にして運動不足になるので次第に筋肉が衰えて脂肪を燃焼させるエネルギーが減少しているので、病院食による栄養の補給が充分でも体力が完全に回復する状態ではありません。人間の体は食べ物によるエネルギー摂取と運動によるエネルギーの消費のバランスによって体調の善し悪しが決まるので、栄養を摂った分動くようにしておかないと栄養過多になったり運動不足から肥満になるなど、逆に病気の原因となる症状を引き起こすケースがあります。運動を行うことで通常よりも血液の流れが速くし、血液の流れが良くした分、脳などの重要な期間に血液を行き渡らせるようにしなくてはいけません。血液の流れが悪いままだと血液が運び込まれる臓器の動きが緩慢になり、本来の働きを充分に行うことができません。この点に着目した医療機関は、なるべく軽い運動を毎日続けることで体全体のバランスを保ち、最終的に健康体へと導くための工夫を行っています。特にご高齢の方々は無理な運動を行うことは難しいので、座ったまま手足を動かしたりボールやボードなどを使ったストレッチなどを行い、これら運動の効率を上げるために加圧トレーニングも同時に行っているところもあります。

リハビリは短時間行い、毎日継続する

リハビリも一種のトレーニングなので、毎日続けなければ効果は得られません。事故や病気などで四肢を動かすことに不自由を感じたり、手術後の影響で筋肉を動かすことが難しい場合、筋肉を動かして体の動きを以前と同じ程度までに回復させるためにリハビリを行うことになりますが、これもきちんと決められた部位を効率良く鍛えるようにしなければ筋肉の回復が遅くなり、回復が見込まれるまでが長くなって入院期間が増えることになります。普段生活している我々は筋肉がどのように使われてどのように動作しているのかを意識することはありませんが、かすかな動作といえども必ずどこかしかの筋肉に負荷がかかります。歩くときは脚の筋肉だけでなく腕を振るために筋肉が動作し、物を持ち上げたり運んだりするときには腰を支点にして四肢の筋肉を満遍なく使うことになります。どの筋肉がどの動作に必要なのかをあらかじめ知っておけば無駄なく筋力トレーニングやリハビリができるので、興味がある方は調べてみましょう。

基本から実際のトレーニング法や理論など、「加圧トレーニング」をわかりやすく紹介されてます。
ちなみに、私が初めに購入した本がコレでした。
分やせ、美肌効果の「加圧トレーニング法」が紹介されてます。あと、日常生活の動作で肩こり改善ができる。コレやってみる価値有り。
これはDVDが付いてるので、わかりやすいと思います。週一回の短時間でキレイなボディーが作りだされる。「加圧トレーニング」でビューティを取り戻そう!
当サイトの掲載記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。
(C) イチオシ加圧トレーニング Allrihgt Reserved.